トップページ  Index  Search  Login

高橋健一

English page is here


所属

鳥取大学大学院工学研究科 情報エレクトロニクス専攻 准教授

〒680-8522 鳥取市湖山町南4-101 TEL&FAX:0857-31-5811

E-mail: takahashi@アイケーイー.tottori-u.ac.jp(@アイケーイーを@ikeに変更してください)


略歴

1999年 3月 九州大学工学部情報工学科卒業

1999年 4月 九州大学大学院システム情報科学研究科修士課程入学

2001年 3月 同修了

2001年 4月 九州大学大学院システム情報科学府博士後期課程進学

2004年 3月 同修了 博士(工学)

2004年 4月 九州大学大学院システム情報科学研究院 学術研究員

2004年11月(財)九州システム情報技術研究所 第2研究室 研究員

2008年 4月(財)九州先端科学技術研究所 情報セキュリティ研究室 研究員

2011年 1月 鳥取大学大学院工学研究科 情報エレクトロニクス専攻 准教授

現在に至る


研究内容

個人情報保護実現に向けた研究
最近インターネット上で提供されているサービスを利用するときに、名前な住所、クレジットカード番号などが求められることが多くなってきています。一方で、さまざまな情報漏えい事件が多発していて社会的に深刻な問題となっています。現在の仕組みでは、我々(ユーザ)がこれらの情報漏えい事件にあわないようにするためには、情報を誰にも渡さないといった対策方法しかありません。しかし、これでは利用できるサービスも利用できなくなり困ります。このため、個人情報の持ち主である我々自身が、サービス提供者による個人情報の利用に制限を与えることができるための仕組み、すなわちサービス提供者が個人情報を不正に利用したり、情報を漏えいさせたりできないようにするための仕組みについて考えています。
モバイルエージェントシステムに関する研究
モバイルエージェントシステムとは自律的なプログラムであるエージェントが計算機上のエージェント実行環境間を移動しながら動作するシステムです。モバイルエージェント技術は分散システムの構築技術として期待されているます。そこで、我々は、1) モバイルエージェントの移動効率化,2) モバイルエージェントシステムのデバッグの困難性の軽減,3) モバイルエージェントによる人物追跡システムについて取り組んでいます.
不愉快による入力促進システム実現に向けた研究
インターネット上での会議日程の調整や書類の提出といった期日までの入力・提出を求めるシステムにおいて、ユーザが入力・提出を終えないために会議の日程調整や書類の整理が遅れるといった事態が生じます。これらは、メール確認を行わない、入力・提出が必要とされていたことを忘れる、また、無視するといったユーザの怠惰・悪意が原因となることが多々あります。そこで、ユーザの状況を判別し、これらの原因を取り除くことでユーザの入力を促進する仕組みを研究しています。具体的には、入力・提出期日が迫るほど、入力をしていないユーザにとって不愉快な動作を段階的に実施するシステムを研究・開発しています。このシステムにより、ユーザが不愉快を被ることを避けるために早期に入力・提出を行うようになることが期待できます。

講義

プログラミングI

計算機構成論II

情報ネットワーク特論


その他

研究業績

研究費取得実績

教育実績

社会貢献

以前の研究


研究室のトップページに戻る                          ll?056246009.png